まずは自分の肌質をチェックすることから始めよう

さて今回は化粧水選びについて記載していきたいと思います。

化粧水なんてわざわざこんなことに期待する必要は無い!

と思われるかもしれませんが、たかが化粧水されど化粧水なのです。

なぜそんな言い方をするかというと、若いときなどはニキビ面で言っていいぐらいニキビがよくできますよね。

そういった人が使うための化粧水と、逆に歳を重ねた人が使う化粧水では全く違うものを使うことになるのは誰が考えてもよくわかるはずです。

私なんて40代ですからどちらにも当てはまらないともいえます。

このように3段階に分けて考えると化粧水はこれがいいとをはっきりと決めることができないはずです。

それこそ下手に使ってしまって肌のトラブルを抱えると何の意味もありませんからね。

万人受けする化粧品を使うのではなく、その人に特化した化粧水を使うように考えていかなければいけませんね。

ここで少し難しい表現すれば角質層を意識するということです。

この角質層こそがどの年代においても意識しなければならないポイントです。

本来ならばどこかの化粧品売り場に飛び込んで、自分の肌の状態をチェックしてもらうのがいちばんいいかもしれません。

それに合った化粧水選ぶのがいいからです。

しかしそれはなかなか難しいと思いますので、化粧水選びの場合はまずは自分の肌質をしっかりと分かるということが大切です。

どの体質(肌質)にちかいかということを、リストなどでも構いませんのでチェックしてみるとよいでしょう。